光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛とレーザー脱毛の違いは、脱毛の照射で量ができるパワーの違いです。高いパワーで脱毛のお手入れができるのが、レーザー脱毛のマシンです。レーザー脱毛は高い出力が可能であるために、普通のエステサロンではなく、美容皮膚科だとか、美容クリニックでの利用になります。

医療機器でのお手入れですが、保険を使えない治療なので自由診療になります。日本では病院では保険を使うのが一般的なので、自由診療になった時の費用は、あまり考えたことがないかもしれません。自湯診療とはすべてが自己負担となるために、美容クリニックなどでできる医療レーザーは、かなり高額な脱毛になります。

部分的な脱毛でもレーザーだと高額なので、全身脱毛を医療レーザー脱毛で契約をするとなれば、かなりの高額を用意する必要が出てきます。

これに対して、脱毛の費用も割とリーズナブルなのが、光脱毛の方法です。医療機関ではなく、脱毛サロンなどで採用されているマシンになります。黒いメラニンの色へと反応をする光の特性を利用しており、肌の下のムダ毛の根元へと照射をして、脱毛の効果に繋げることができる仕組みです。光の照射は本当に一瞬だけ、毛の根元に高温でのダメージを与えます。

ですが、肌の表面にはマイナスの影響を与えることはありません。マシンはヘッドが広いタイプが多くて、そのために広い範囲の脱毛の照射が得意です。光脱毛のマシンは高いパワーはでないために、お手入れを受けるときにも、痛みで耐えられないことがありません。光脱毛は脱毛にかかる費用もとても安いですし、全身脱毛であっても、支払えない金額にはなりません。

光脱毛で脱毛をすると、素肌がキレイになると言われるのは、本当の話です。それは光脱毛のマシンが、元々はフォトフェイシャルのマシンであったためです。つまり、美顔器だからです。ムダ毛を少なくしていきながら、本来の美顔器のパワーで、自然にお肌まで透明感のある美しい美肌に変わります。